FC2ブログ

愛する人の手は最高の癒しとなる

ヒーリング
12 /16 2018
こんばんは♪

のんびりと
長野市でカウンセリングやセラピーを行っている
すい こと Y。大槻です


今日も一段と冷え込みましたね~

体調はいかがでしょうか?


このところ胃の調子があまり良くなくて
なんだかおもしろくなかったのです。
食べると詰まる感があってすっきりしない。


胃に「どうして欲しいの?」と尋ねると
「Bさんに背中を押してもらいたい」と。

なので
大好きなBさんにお願いしました。

横になって
心の中で唱えました。
「今、思考は手放し、身体の感覚にゆだねる」と。

Bさんは鍼灸師でもないし
特別にマッサージに長けているわけでもない人ですが
その人の手は不思議と気持ちよい波動を感じさせてくれます。

その人にマッサージ方法も時間も
全てを任せて
ゆっくり呼吸を繰り返します。

背骨に沿って手が近づくと
ふわ~っと明るい光のような
羽が舞い降りたかのような不思議な感覚が
私の背中から肺、胃に届きました。

柔らかく
優しい大きな手が
心を込めてゆっくりと
私の背中にエネルギーを入れてくれているのが
とてもよくわかりました。

30分ほどそうして背中を押してというか
触れてもらって本当に楽になりました。

詰まり感が消えていました。

最高の癒しを施してもらえたと感じました。
嬉しかったです。
Bさんに聞いたら「祈りを込めてやったんだよ」と答えてくれました。

そうですよね
「最良最適な状態でありますように」とか
「身体が整いますように」という祈りは
何よりの癒しエネルギーなのだと思うのです。
その祈りは手を介して
確実に相手の細胞によい影響を及ぼせるのです。


触れることが許されている関係ならば
心を込めて
祈りを込めて
愛する方の背中や肩を撫でてみませんか?

ちなみに
胃のつまりがあってたくさん食べられなかったのですが
癒しの後、イタリアンレストランで
ばっちり一人前を完食できたのでした!

愛する人の手は
本当に最高のヒーリングを生むのですね!



スポンサーサイト

疲れたときは休むー当たり前のことだけど難しいね。だったら直接身体の声を聴いてみるのも一つかも?

ヒーリング
12 /15 2018
こんばんは

今夜はとても冷え込んでいます。

ダウンのコートを部屋着としておろし(上げて?)
着こんでいます。
暖房は・・面倒なので点けずにいます(苦笑)

今日は土曜日
今日がお休みの方もいらっしゃるでしょうが
どのように過ごされましたでしょうか。

仕事を持っているとついつい休みでも
家事をやったり、
勤務中にはできないことをしたりして
忙しくしてる方も多いことでしょう。

でも、時には
ほんの1時間
いや
30分でもいいので
何にもしない
音楽もスマホもTVも読書もしない
そんな時間を過ごしてみるのもいいかもしれません。

その時間を何をするのかって?

自分の体の声を聴いてみるのはいかがですか?

床に(ベッドだと寝ちゃうのでできれば床がお薦め)横になって
深呼吸をします。
息を吸う時は新鮮な清浄なエネルギーや光が体の中に入ってくる感覚で行います
吐くときは体の緊張やこわばり、ストレスが出ていく感じで。
これを数回繰り返したら
意識を足のつま先に向けます。
つま先があるから私たちはしっかり歩けるのですから
おお、頑張っているな、ありがとう、と心の中で感謝を伝えてください。
その次は膝
そして股関節
お腹
と順に頭まで少しずつ意識を自分の体の各部位に向けていきます。

その時
もしあれ?なんかこわばってるな、とか
痛いかも?とか感じるところがあったら
「そのこわばりで私に何を伝えてくれようとしてるの?」とか
「痛みは何を教えてくれる?」と聴いてみてください。

身体は様々なメッセージを伝えてくれていますので
こうして
自身の身体と向き合うことができたら
自分にかなり優しくなれると思います。

それに
こうした時間を取ると
案外疲れがたまっていることに気付けるかも。

そうしたら
身体に聴いてみてください。

疲れているようだけど
どうしたいの?
お昼寝?
それともゆっくり入浴?
などなど

慣れてくると
身体の要求が聴こえますよ。

身体があってこそ
いろんな体験ができるのです。

時にはゆっくりとご自身の身体と
コミュニケーションをとってみるのはいかがでしょうか

そうそう
暖房を点けずにいましたが
背中が張ってきて「ヒーターくらい点けろや、くおら~」と言ってるようです(笑)
血行不良になって肩こりになる前に
暖房しま~す。

今夜も流星群見られたらいいですね~

長野市でカウンセリングやヒーリング
セラピー、ヒプノセラピーを行っています。

身体との対話の方法や呼吸法などもレッスンいたします。

ご質問やお問い合わせはお手数ですが
こちらまでお願いします。

 

人には特別に見えなくても、私には特別。それ、大事。

気付き
12 /14 2018
こんにちは

今朝の長野市は雪が舞っていました。

雪が降ると実生活ではいろいろ支障が出ることもありますが
やっぱり空から白いものが降り、舞う、というのが
なんとも不思議でワクワクしますね。

一昨日は「祝福の水路となる」と書きました。

この映画を観たら、きっと大きな収穫を得られるだろうと思う
鍼灸師のあーさんにお伝えしました。

いつもは予約がいっぱいな方ですが
珍しく、映画の上映時間内の予約がなかったといい(!)
「リーディング」を見ることができたそうです。

とっても感激してました。
その方の施術は現在「カルマ」がテーマでもあるそうで
「教えてもらえて本当によかった」と
感謝までしてもらい、嬉しかったなあ。

私自身も映画上映をたまたま白鳥さんのブログで知り見ることができた。
そして
伝えたあーさんもたまたま、その時間が空いていたから観られた。

大抵の人はこの出来事を
おお、偶然だったねえ、と思うかもしれませんが
これは
偶然ではなく必然です。
そして
シンクロでもあります。

このシンクロ
実は日常の中でたくさん起こっています。


シンクロに気付けることは
あの病理学者のパスツールの言葉
「偶然は準備を整えた精神に微笑む」のとおり
自分の人生をより輝かせるために
選び取る様々なチャンスに気付けるということでもあるのです。

そのシンクロ
自分以外の人から見たらどうってことのないことかもしれません。
話したら「ふん」と鼻の先で笑うかもしれません。

でも、あなたの人生を作るのはあなた自身ですもの

人が笑ったからといってチャンスを逃すのはもったいない。

あ、シンクロだとあなたが思ったなら
それは真実あなたにとってのシンクロなのです。

そのシンクロはあなたを導いています。


長野市でカウンセリングやセミナー
ワークショップを行っています。

お問合せ、質問はこちらから
   ↓


「祝福の水路となれ」-映画リーディングを観てー

豊かさ
12 /11 2018
こんばんは

カウンセラーであり、セラピストでもある
 すい ことY.大槻 です。

私のハンドルネームは すい ですが
「水」の音読みです。
このブログを立ち上げたとき、ふっと浮かんだ名前です。
川が好きなので、それで浮かんだのかな?
龍神さんがらみかな(笑)と
あまり深くは考えなかったのですが・・


今日、
白鳥さんの作られた「リーディング」を観てきて
ああ、そういうことなのかなあ・・と
自分なりに納得がいきました。

エドガー・ケイシーさんのリーディングについては
すでにご存知の方が多いので割愛しますが

彼自身の生き方も自分のためではなく
他者のために「祝福の水路となれ」という
聖書の教えを貫いた生き方だったそうです。

彼のもとを訪れた人々にも
様々な形、言葉で伝えたそうです。
「祝福の水路となりなさい」と。

私はクリスチャンではないので
どちらかというとこうした言葉には
正直、抵抗を感じてました。

でも、今日
不思議とその言葉がすんなりと心
いえ、身体の細胞一つ一つに
そして
魂に染み渡った感じがしました。

私は決して清廉潔白とは言えない、
というか
ごく普通に欲にまみれた生き方をしています。

棚ぼた式にお金がいっぱい手に入って
生きていきていたいなと思うんです。
人のことなんかどーでもいいや、と
知らん顔して生きていたいなとも思ったりします。

それでも
そうした生き方に徹することもできず
ホントに中途半端だなあと・・・・

そんな風に迷う中で、
「祝福の水路となれ」はいいなあと本当に思ったんです。

自分が誰かを祝福するのではなく
祝福を流すための水路であればいいってすごくいいなあって。

私はたくさんの祝福をもらっています。
その感謝や気持ちや得られた知識を流せる水路になれたら
きっとどなたかの喉(心)を潤すたくさんの祝福をお渡しできるかも、って。

ブログを書くのも
時に何のためなのか
誰のためなのか
気持ちがぶれるのです。
時にこのところ、少し迷いが生じていました。

でも
水路となればいいんだってわかった時
すごく気持ちがすっきりして落ち着きました。
そして
深い歓びが生まれてきて、その暖かな感覚は今も私を包んでいます。

必要な時に
必要な言葉に出会えたこともまた祝福ですね。

長々と書いたブログを読んでくださってありがとうございます。


カウンセリングやセラピーなどについてのお問い合わせが
ございましたらこちらからどうぞ
  ↓

哀しみを味わうのはつらいけれど

身体と心
12 /10 2018
こんにちは

リトリート時つ風の すい こと Y.大槻です。

長野市で地道にカウンセラーしております。


今日の山はうっすらと白く冬化粧
青い空とのコントラストが美しい


新聞を読むと本当につらい記事が溢れています。

どんな理由があるにせよ
本当に残虐な行為が幼い子供たちに対して為されているという現実。
しかも保護されることもなく
村を出ていかなければならない、理不尽さ。

正直読みたくなかったと思う新聞記事でした。

一日、心が痛く
何もできない無力さを噛みしめていた昨日でした。

どうか
どうか
世界から暴力がなくなりますように。




人は残酷にも
仏のようにもなれる二面性のある存在です。

自分の中の残酷な面もあるのだと認識しながら
日々を暮らせたらいいなと思います。





すい こと Y.大槻