FC2ブログ

怖れが生まれると

気付き
07 /21 2019
何かに対して
「怖れ」の感情が生まれることがあります。

その「怖れ」が現実の中で起こる三次元的な事柄で
対処できそうな状況の時は
「怖れ」は「難題」に変わり
さらには
「ちょっとした問題だったな」と
対処するごとに
自分の中で小さくなり
消えていきます。

でも、これが
対処の方法も分からず
相談する相手も分からない場合

「怖れ」はどんどん大きくなり
身を守ろうと
何か権威在りそうな「もの」や「人」にすがりたく成ります。

私もそうしたくなりました。

心が動揺し
安心で安全なものを
自分以外の何かに求めようとしたのです。

でも
そこでふと思ったのです。

「ああ、まずは恐れも怖れも含めて
心を空っぽにしたらどうだろう・・・」

珍しく集中できた瞑想の時間を過ごせました。

瞑想の時間が終わり
身体を動かしているとき

『「怖れ」を何とかしようと思い続ける限り
どんどん大きく深くなり自分を呑み込む
だから
まずは、手放しなさい
心を空にすればよい』

そう感じたのです。

ちょっと不思議な体験でした。

スポンサーサイト



大いなる叡智からのもらえた気付き

ヒーリング
07 /10 2019
奈良旅行はとても楽しく
奈良に魅せられて帰ってきました。

また、9月に行こうと計画中



さて、
長いこと疑問だったことが
ふと突破口が見えました。

「癒し」を行うとはどういうことだろう、と
密かな疑問でした。

エネルギーワークを行うことで
癒しが起こりますが
このことは
実は人として許されるのかどうか・・・
つまり、越権行為なのではないか、と・・・

そのあたりが
ずっと釈然とせずにきました。

でも、
ここにひっかかっていたということは
実は
「癒しを行うのは私だ」的な勘違いがあり
そこをどうしても脱却できなかったのだと気付いたのです。

「必要な癒しならそこに癒しが起こる」し
その人にとって
違う形の癒しが必要なら
その方の望む形での癒しは起こらない。

そこに私が介入する必要はなく
私の身体を介して
大いなる存在が描いた青図に沿って
必要なことが必要な形で現れる

本来なら誰しもが持っている癒しの能力ですが
この力が
今の私の中で目覚めているので
私を媒体として
癒しを必要な方に必要な形で届ければいいだけなのですよね。

本当にそういうシンプルな構図なのです。

今、「YURI・O」として生きている私の元に
いらっしゃる方は
その方が選んでここへの道が示されたのですよね。

だから
私は真摯に謙虚に
その方との奇跡の時間の中で
私に直感として示される「癒し」や「ヒーリング」
あるいは
「カウンセリング」などを行うだけなのですね。


大いなる叡智よりいただけた
この気付きをとても嬉しいです。

ありがとうございます。




連動している心と身体

身体と心
06 /25 2019

昨日まで屈託を抱えていました。

それは
何か大きな出来事があって生まれたわけではなく
日常の何気ない
本当にささいな言動が
ちょっとずつちょっとずつ
積み重なって

かなりしんどくなっていたのです。

それが
ようやく氷解したのが昨日の夜でした。

ああ、心が晴れやかになったなあ、と
嬉しかったです。

そして
今日

ものすごく体が重く
突然の眠気が・・・

夕べも早めの就寝なのに?
と不思議でしたが

とりあえず
2時間ほど休みました


目が覚めた瞬間

心の重さを
身体が肩代わりして支えてくれていたんだ、と

理解しました。

無意識の世界で
心と身体は密接に連動して
私という 個を しっかりと支えてくれているんですね


ありがとう

IMG_20190318_134738_20190319145526.jpg

目を開けば

豊かさ
06 /24 2019

「この世界は悪意に満ちている」

と思いたくなるような出来事が多いけれど

「愛」は自分のすぐそばに
いつも花開いていることにお気づきでしょうか。

開くのは「目」?

そのまなざしも
その行為も
その言葉も

愛を示しているのではないでしょうか。

NS525_sirotumekusa_TP_V.jpg




祈るということは

気付き
06 /20 2019
祈りとは

自分の信じている大いなる存在に対して

「今 ここに在る ことを感謝すること」

だそうです。

~をしてください、
とか
~をかなえてください、
とか

ではなく

「今、ここに生きて在る、この奇蹟を
ありがとうございます」

なんだね。

深い気付きをありがとうございます。


472aba2b52ae1a87f89b5a35514a246a_s.jpg



すい こと Yuri・O