FC2ブログ

「でも、」や「だって」が直感を逃してませんか?

豊かさ
05 /11 2018
本日の自宅内の温度は17度

でも、やはり肌寒かったです^^;

****** *******

よく、私には直感があんまりないんだよね~とか
直感なんて気のせいさあ、とか
聞くことがありますが・・・

最近思うのですが
たぶん、どの人も直感は確かに受け取っているのではないのかしらと。

例えば
「あ、きょうは〇〇が食べたい」と直感が伝えてくれても
『・・・・・でも、太るからなあ~』と
思考が直感を打ち消しにかかってきませんか?

あるいは
『・・・でも、面倒だ』『だって、今日は寒い』
と『 』の中のような否定形が最初に来る感じがすることありませんか?

これは
直感をほぼ速攻に思考が否定してる状況です。

思考は肉体が生き残るための様々は戦略を駆使し
私たちに伝えてくれています。

それはそれでとてもありがたいことですし
お陰で無事に社会生活を営むこともできていたりします。

でも、反面、私たちは直感が伝える
「私自身が喜ぶしたいこと」「私自身が感じる魂の言葉」とかを
聞き逃してしまうことも多々あるのだと感じます。

ですから
もし、あなたが
「でも」から始まる何か思考をしてることに気付いたなら
その「でも」「だって」の前に感じた直感は何だったのか
ほんの少しさかのぼって探してみませんか?

どこかに出かけるより
今日は静かにしていたいと望んでいる私を見つけるかもしれません。

はたまた
思い切りはっちゃけて絶叫上映で叫びたいという私に出会うかもしれません。

直感に従うことは
心がどんどん広がっていくことにつながっていくと思います。

週末ですね

あなたの直感はどんな週末を過ごそうよと伝えてくれているでしょうか。


この瞬間、瞬間
あなたがあたなでありますように。


こちらにも参加しております。
よろしければあなたの直感に従って
どうぞぽちりとお願いします^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

すい

すいです。緑豊かな 長野 を拠点にしているカウンセラー・ヒプノセラピストです。
 カウンセリングが主体ですが、利用される方の必要に応じてヒプノセラピーやインナーチャイルドワークを行っています。
 また、自己尊重・自己主張のワークショップも行っています。

 真面目そうに見えますが、けっこうお茶目です(笑)